33歳主婦 ぽこすの手抜きダイエット


 今日はお家でも手軽に出来る筋トレを紹介していこうと思います。

FullSizeRender



 と言うのも先日健康診断に行ってきたのですが、身長160.5体重60.2kgに対して体脂肪が35.7%という結果がきっかけに色々調べてみたいなぁと思いたったわけです。

 体脂肪の女性の平均値は標準が25.0〜34.9らしので標準になるには後0.8%減らす必要があるみたいです。

 あと0.8%と言われると簡単そうなどと呑気に考えていましたが今までの食事制限だけでの減量だと最近落ちが悪くなったなーと思っているのでそろそろ筋トレやストレッチを取り入れるべきだろうとやる気スイッチを入れてみる事にしますw


 体脂肪とは皮下脂肪と内臓脂肪の二種類の事であり生活習慣病とは関係はないけど一度つくと中々落ちてくれないのが皮下脂肪、生活習慣病とは関わりが深い短期で付き落ちるのが早いのが内臓脂肪です。

 一緒に健康診断を受けた旦那くんは見た目そこまで太って無いのですが内臓脂肪が酷いと割と厳しく怒られてましたw

 私はと言うと、体脂肪を除いては満点でしたw学生時代にも取った事のない様な好成績です。

 内臓脂肪も見当たらないと太鼓判押されたしBMIも標準なのに、、、おのれ憎き皮下脂肪!おさらばしてやる!という事ですw



 まず皮下脂肪の下には筋肉があるわけで腹筋とは元から割れているので皮下脂肪が落とせたら自ずとシックスパックになっちゃう事になります。


 その落ちにくい皮下脂肪を落とすのに有効なのは有酸素運動

 無酸素運動と言われる100mダッシュなどの瞬発的な動きよりもウォーキングなどの有酸素運動の方が効率的!

 その違いは使われる筋肉によるエネルギー源の違い。

 
 無酸素運動には速筋と呼ばれる筋肉を使いその速筋がエネルギーとするものは筋肉内の糖分なんだとか。なので脂肪が使われることがほとんどありません。
 
 その点有酸素運動時に使われる遅筋は肺から取り入れた酸素で脂肪を燃やしそれをエネルギーとして使うのです。蒸気機関車みたい!


 あれ?それならプールとかウォーキングでよく無い?筋トレ関係ないじゃんと思った貴方。偶然ですね。私も同じ気持ちですw

 ただタイトルにある以上そんなオチではなくしっかりと皮下脂肪に効く筋トレ調べましたとも!


 皮膚の下についた脂肪の近くにある腹直筋に刺激を与える事でピンポイントで落とせるのだとか!


 ■二の腕に効果あり!腕立て伏せ

FullSizeRender



 定番中の定番ですね!女性の方で腕立て伏せができない方でも膝をつきながらでok

 手のはばは肩幅より拳1つ分開くのが良き!

腹筋と背筋に力を入れてゆっくりと下降。

その時肘が外に開かない様に注意しましょう。

ゆっくりと上昇

 これを10回ワンセットとして徐々にセット数を増やしていく。


 ■シックスパックへの道 腹筋

FullSizeRender


 これも定番ですねー。

 仰向けになり膝を90度に曲げる

 両手を頭の後ろに組む

 息を吐きながらおへそを見るように身体を起こす

 ゆっくりと元にもどる

 これを10回ワンセットで徐々にセット数を増やしていく。


 ■脚やせ効果あり脚パカ運動 


  仰向けになり脚を上に上げる

 左右に広げられるところまでゆっくり開く

 ゆっくり元に戻す 

 10回ワンセットとして徐々にセット数を増やしていく。
 

 ◼️隙間時間を使ってワイドスクワット


 足を肩幅より少し広めに開く

 そのまま真っ直ぐな姿勢を保ち膝が直角になる位まで深くお尻を落とす


 最初は10回ワンセットとし慣れてきたら少しずつ増やす。



■テレビやスマホを観ながら体感を鍛える事が出来るプランク

FullSizeRender


 両手両足を肩幅に開く

 肘とつま先の4点に重心を置く

 背中のラインがまっすぐになる様にする(お尻をあげすぎても下げすぎてもダメ!あくまでまっすぐ)

 10秒をワンセットとして慣れてきたら態勢キープする時間を増やしていく。


 テレビやスマホを観ながらと書きましたが初挑戦の女性では5秒でも辛いかもwちなみに私はギリギリ10秒出来ませんでしたw



 今回は入門編という事で割とベターな4種類を紹介しました!

 
 どれもやってみるととても辛いですw学生の時に余裕で出来てたはずなのにと思われる方は多いと思われます!


 ですが筋トレを頑張ってる方は筋トレを愛しているのが凄く伝わってくるので私もその魅力に取り憑かれてみようと思います!


 さあ貴方も余分な皮下脂肪とはおさらば!let's筋トレ!!!
 



 

 

この世界には数えきれない程の種類がある飲み物。

今日は一口も飲み物を飲んで無いなーなんて事はほぼ無いですよねw

 人間の身体は半分以上が水分で出来ているのは周知の事実なのではないでしょうか。

 水分を制するものはダイエットに勝つ。をテーマにして飲み物の可能性を探ってみましょう! 

FullSizeRender


 水分といえばこれ、本命​  

​ ■ 水と一口に言っても色々ありますよね!

 ミネラルウォーター、天然水、硬水、軟水。

 今回私がオススメするのはミネラルウォーター!

 ミネラルウォーターとは元々加工されていない純水にミネラル分を添加するなど調整された水を指します。

 ミネラルを摂取する事によりカロリーを抑えて尚、便秘解消や基礎代謝アップ、脂肪の吸収を防ぐ効果が得られるのです。

 ミネラルウォーターには含まれるカルシウムやマグネシウムの量により硬水と軟水の2種類に分けられ飲んでみると好みがハッキリと別れると思われます。

 硬水はミネラルが軟水に比べて3倍以上あるのですがいかんせん飲み辛いです。一度飲んだことがある人はわかると思いますが私が表現するとしたら重い。この一言ですw

 一般的な日本の水道水の硬度が1L中60mgなのに対しコンビニなどで良く目にするエビアンの硬度は1L中304mgと5倍ものカルシウム、マグネシウムが含まれているのです!重いわけだw

タイミングは入浴後や運動ごがオススメ!乾いた身体に水分を補給させましょう!

​栄養価的にも硬水がオススメなのですがこればかりは各々の趣味なので今はミネラルウォーターと一括りにしてオススメします。


 続いてのオススメはコーヒー、紅茶、緑茶などの​カフェイン飲料

​■カフェイン飲料とはいえ砂糖の入った紅茶やコーヒーではなくブラックの砂糖ミルク不使用のものを言います。

 カフェインには脳を活性化をすると同時に基礎代謝を高める働きがあります。

 運動や家事の前など身体を動かす時に飲むのが効果的!

 ですがやたらめったら飲めばいいわけではなく運動前に1杯だけなど過剰摂取になり過ぎないよう注意が必要です。

 過剰摂取は腹痛、下痢、利尿作用からくる水分不足、血管収縮による冷えむくみなどの原因になってしまいます。

 カフェインで痩せるのではなく上手に取り入れて身体の働きを引き出すというイメージで摂取しましょう。


 次にオススメしたいのは豆乳

​ 女性の方だと結構飲んでいるひとは多いかもしれませんね!

 大豆タンパクという成分が腸内のコレステロールを吸着し排泄し、コレステロールが血中に吸収されるのを抑えてくれます。

 同時に大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをし動脈硬化や骨粗しょう症の予防に効果があると言われています。

実際のところダイエットに効果があると言う科学的根拠は未だ明らかにされていないらしいのですがダイエット中の不足した栄養素を補うことが出来るので積極的に飲みましょう!


 最後の​白湯


 ​白湯とは冷ましたお湯の事で低コストダイエットの強い味方です。

朝に1杯飲むだけで水分が身体に浸透し血液の循環が良くなる事で脂肪が燃焼されやすくなるというもの。

 更に内臓を温める事により活発になり老廃物を押し流すちからがアップすると言う優れもの!

 水の入ったヤカンに火をかけ沸騰させてから火を止めず10分待ちカップに注ぎ50℃前後になってから飲むのがいいとの事。


FullSizeRender


 飲みなれたものでもダイエットにいいからと効果を知らずに飲んでいたものもあったのではないでしょうか?

 効果を再確認し効率よく摂取してダイエットをより効果的なものにしましょう!